静岡県でメガソーラー、住宅用太陽光発電のことなら株式会社MGプラン

太陽光発電

  • HOME »
  • 太陽光発電

太陽光発電システムの内容

静岡県でメガソーラー、住宅用太陽光発電のことなら株式会社MGプランでローコスト、高品質を実現します。
専門知識が必要な太陽光発電も、実績豊富な当社が相談者の要望にあった金額や能力のシミュレーションを提出し、安心・安全な提案を提供いたします。
静岡県でメガソーラーから住宅用太陽光、リフォームの販売施工を手がける「株式会社MGプラン」です。

太陽光発電の売電収入で収益の柱にしませんか?

太陽光発電、蓄電池、リフォームならMGプランにお任せください!
太陽光発電・エコキュート・HEMSなどの省エネ機器、省エネ生活、工事やメンテナンスのことなど、どんなことでもお気軽にお問い合わせください。
ご質問も大歓迎です。ご連絡お待ちしております!

静岡県を中心に全国で太陽光発電の販売施工を展開し、信頼性の高い施工方法ををご提案しています。
太陽光発電のご相談、お見積もり、無料シュミレーションは無料となっておりますので、どうかお気軽にご連絡ください。

損をしない,徹底した安値比較を実現!
太陽光発電投資/驚きの高利回り

弊社は、クリーンで価値の高いエネルギー源である太陽光発電に戦略的に取り組むため、 材料から評価、システムに至るまで、一貫した太陽光発電の研究を行っています。

太陽光発電(住宅)

住宅屋根から地上、折板、陸屋根まで、幅広いバリエーションの太陽光発電システムを設計。
太陽光発電で光熱費ゼロの生活を手にしましょう。

太陽光発電(産業用)

空いた敷地や工場の屋根で投資事業をおすすめします。
産業用として地上からビル屋上まで、スタンダードタイプ、メガタイプ、折板タイプと幅広い対応力を実現!

IMG_0068

お客さまのニーズに合わせて、専門家が太陽光発電ビジネスをサポートします。

メガソーラーはフルオーダー商品です。金額だけで決めるのはとても危険です。私たちシステムインテグレターはお客様に合ったシステムをご提案しています。
建売・投資型の太陽光発電をご提案企業の節税対策に!自社メガ実績多数
産業用の太陽光発電に対する全量買取制度が、2012年7月からスタートしました。全量買取制度は、住宅用太陽光発電の余剰電力買取制度と違い、発電した電力を自家消費することなくすべて売電できます(買い取ってもらえる)。単価こそ住宅用太陽光発電と同額ですが、当初予想されていた30円台ではなく42円からスタートとなり、固定期間は20年と設定されています。

全量買取制度がスタートすることとなり、屋根貸し太陽光発電からメガソーラー建設にいたるまで、いろいろな太陽光発電事業が起きています。また今後も太陽光発電事業へ参入する企業は増えていくと考えられます。

発電事業は多額の資金が必要となりますが、一定の確実な利回りが見込める太陽光発電事業はファンドを募るにしても資金を集めやすいと言えます。すでに企業年金を対象とした資金募集は始まっていますので、投資対象として太陽光発電事業に注目している方も少なくないでしょう。
太陽光発電とは?
太陽光発電は環境に優しいクリーンなエネルギーとして現在最も注目されている発電方法のひとつです。

地球温暖化防止を推進するため、日本においては国や各自治体が補助金制度を導入したり、電力会社が余剰電力を買い取るなどして導入率向上を目指しています。

太陽光発電は、無限とは言えない化石燃料に代わる新世代の資源として注目されているのです。

太陽光発電は読んで字のごとく、豊かな太陽の光を電力に変換しエネルギーとして供給するシステムです。
一般家庭であれば、自宅の屋根などに設置された太陽電池で太陽光を電気に変え、専用の機械に収集してから電力として供給されます。

一連の過程において二酸化炭素などを排出することもなく、騒音も一切ないので日常生活に支障をきたすことは全くありません。

最近では屋根に太陽電池パネルが設置された建物は、それほど珍しくないほど見かけるようになりましたね。

太陽光発電は無償の太陽光を電気に変えて利用できるため、ご家庭の電気料金を大幅に減らすことができるという点も魅力のひとつでしょう。
余剰電力が発生した場合にはかえって利益になるということもありますので、経済的メリットは大きく、且つ省エネ意識も高まります。

また、オール電化住宅との相性の良さもあり、オール電化住宅の建物では太陽光発電も設置しているケースが多くなっています。

自家発電ですから災害時等でも電力が使えるというのも非常に大きなメリットでしょう。

太陽光発電は、尽きることなく恵みをもたらす太陽の光をエネルギーとして利用できる最良のシステムといえるのです。

 

太陽光発電ファンドの魅力

太陽光発電事業を投資対象と考えた場合の魅力はどんな点にあるでしょうか。

まずひとつ考えられるのは、得られる利回りが手堅いことでしょう。全量買取制度の太陽光発電は発電した電力をすべて売電できます。年間の発電量は天候などによって増減しますが、それでも現在の金融系投資よりは安全且つ確実な利回りが見込める投資であるということです。

また投資期間が“現在のところ”20年間と長期投資であるということ。利幅はほぼ一定で、しかもさほど大きな利幅とは言えないでしょうが、長期間の運用となるため、得られる投資収益は、元本に応じたそこそこ大きな金額になります。

また一度投資したら、その後はほとんど手放しに近いかたちで管理できることも太陽光発電ファンドの魅力でしょう。この点でも、つねに相場の動きを見守り続けなければならない金融投資とは大きな違いです。そのため、もし個人投資家向けの太陽光発電ファンドがあった場合は、投資・運用にさほど詳しくない方でも参加しやすいと言えます。

つまり太陽光発電事業のファンドは、概して安全性が高い投資であり、今なら国債を買うよりメリットがあるとも考えられます。

太陽光発電ファンドのリスク

ただし太陽光発電ファンドは、現在のところ、多くは企業年金などを対象としたものとなっており、個人投資家向けの太陽光発電ファンドは現時点では見られません。

また個人投資家でも投資参加できる分野に屋根貸し太陽光発電がありますが、設置屋根を提供するオーナーへの賃貸料の設定の低さや、設置環境に変化が生じたい場合のリスク(周辺に高層建造物が建つなど)を誰が負うかが明確ではないなど、投資先としては不安が残る業者が目立ちます。

それと注意しなければならないのは、太陽光発電事業は全量買取制度があってこそ成立している投資と言うことです。また一部の報道では太陽光発電投資について「国が保証する長期の堅実な投資先として浮上……」という文言も見られるのですが、民間企業が進めている太陽光発電ファンドの投資収益を、国が保証すると言っているわけでも、リスクの一部を国がもつとも発言しているわけでもありません。太陽光発電ファンドが投資である以上、リスクがゼロではないことはわきまえておかなければなりません。
もちろん全量買取制度の期間は20年とされていますので、これを“保証している”と捉えているのかも知れませんが、全量買取制度は単価はもちろんのこと、期間も毎年見直されていく制度です。つまり運用期間を20年で見込んでいても10年で終了してしまうこともあるということも投資家は了承しておく必要があります。

またメガソーラーが毎年多数建設されていけば、国民が負担する買取コストは膨大なものとなります。下手すればドイツと同じように売電単価を買電単価よりも低くしなければ、国民の家計がもたない時期が、そう遠くない将来、訪れる可能性はあります。そうなった場合でも、ファンドが当初の利回りを保証してくれるか、また保証できるものかということも注意が必要でしょう。

太陽光発電システムで投資回収が一番早いメーカーはどこか? といったことは誰でも気になる情報のひとつです。

でも太陽光発電は小売り商品ではなく現場施工製品ですので、性能上の比較がしづらい設備です。パソコンやテレビなら、ある程度客観的に優劣をつけることはできるでしょうかが、太陽光発電の場合はそれがやはり困難です。仮に、ここが一番投資回収期間が短いメーカーだという意見があったら、大抵は眉唾ものでしょう。参考にはできたとしても鵜呑みはできないということです。

一般的には、簡単に故障したりしない品質の安定した実績商品を、安価に導入するというのが、太陽光発電の場合安心ではないかと思います。
太陽光発電は200万円前後はかかる設備機器で、一度設置したら少なくとも20年は使うことになるものです。選択ミスしたからといっても、簡単に取り替えがきくものではありません。また投資回収云々以前に、太陽光発電は投資回収が保証されている商品ではありません。太陽光発電は、その選択にあたって、自己責任が求められる買い物でもあるわけです。
弊社がお客様に合ったシステムをご提案いたします。

太陽電池モジュールはどれぐらいもつの?

太陽光発電が半永久的に使えるということは間違ってもあり得ないことですが、太陽電池モジュールの寿命は相当長いとみて良いでしょう。太陽電池自体には燃焼部分やモーターなどの作動箇所はありません。出力保証は最低でも10年間は保証されていますし、外資系のサンテックパワーやカナディアンソーラーでは、太陽電池の出力保証を25年までみています。

このようにメーカーによって保証期間が異なる太陽電池モジュールですが、実際どれぐらいもつと考えれば良いでしょうか。
結晶シリコン系の太陽電池の期待寿命は、一般的に20年~30年ぐらいだと言われています。また気候条件によっては30年以上はもつだろうとも言われていますが、その根拠はメーカー行う加速試験などにあるようです(明確なデータは公表されていないようですが…)。

冒頭でも触れましたが、税法上の償却年数は17年、耐用年数は9年という太陽光発電ですから、実際には30年もつ例もあるでしょうが、20年、うまくもって25年ぐらいであると考えておくと良いのではないかと思います。

なお太陽電池モジュールを構成する部品関係の経年劣化はかならず出てくるものですから、たとえ費用がかかっても定期的に点検を受けられるようにしておいたほうが良いでしょう。

導入から10年経過するとまとまった維持コストがかかってくる

電池モジュール以外の配線関係や周辺機器類は、保証期間は1年~2年しかありませんが、屋内の配線や屋内に設置されている機器については、短期間で故障やトラブルをおこす心配は少ないでしょう。
ただし屋内設置の機器でもパワーコンディショナーだけは、10年~15年が寿命と言われており、修理で対応できず交換ともなると、数10万円はかかることになります。
太陽光発電を使用していく上で、この費用がかかってくることだけは覚悟しておかなければいけません。

また太陽光発電では、寿命とは関係なく交換しなければならないものがあります。それは売電メーター(余剰電力メーター)です。売電メーターは計量法の規定により、10年検定が義務付けられており、通常再使用することなく新しいメーターと交換することになります。

売電メーターと併設されている買電メーターも新しいメーターと交換しますが、こちらは電力会社で費用を負担します。売電メーターは最初に取り付けたときと同様、ユーザー負担となりますので、高いデジタルメーターにしている方だと新設費用に10万円ぐらいはかかることになります。

太陽光発電は、パワーコンディショナーと売電メーターの交換がかならず発生しますので、導入から10年を超えると、まとまった維持コストがかかるということを忘れないようにしたいものです。

元を取るのにどれくらいの期間がかかるか?

太陽光発電で、よく話題となるのは何年で元が取れるかということです。最初に投下した費用回収までの期間を計算するには、以下の式を用いて計算できます。

(太陽光発電の導入費用 + 維持・メンテナンスコスト - 国・自治体からの補助金) ÷ (1年間の売電金額)

このなかで確定している数字は「太陽光発電の導入費用」で、それ以外はどれも不確定です。「維持・メンテナンス」も概ね予測はできそうですが、工事の品質や設置業者が点検を行ってくれるかどうかでも変わってきます。

たとえば太陽光発電は国をあげて低価格化を進めていますが、安さを追求していくと、ユーザーの利益と信用のために、必要基準以上の丁寧な工事をする良心的な設置業者を知らぬ間に排除していたり、ギリギリの品質の製品を選択していたりということが起きてきます。そしてこれらのことは、最終的に維持・メンテナンスコストを膨らませたり、売電金額を減少させたりということにつながるということも忘れてはいけません。

また補助金も年々減少していますし、自治体の補助金は千差万別です。もちろん売電単価も年々安くなっていきますので、導入時期によっても、回収期間は大きく変わってくるでしょう。

固定価格買取制度がスタートして、売電単価がこれまでの2倍近い金額となった当初は、システムによっては15年ぐらいで元がとれる場合が出てくるのではと騒がれたこともありましたが、現状で15年回収というのはかなり難しいと思います。

住宅用太陽光発電の場合は、初期費用が回収できれば、それはラッキーなことだと割り切って、それよりもどれだけ安定した高い発電量が確保できるか(故障や劣化に悩まされないことも大事)を考えてメーカーや設置業者をしっかり検討することが、最終的に短期間で元が取れることにつながっていくのではないかと考えます

 

「産業用・事業用太陽光発電について、興味はあるが導入するかどうかまだわからない。」、「メリットがあるのかどうか、一度説明だけでも聞いてみたい。」、「予定している場所に設置出来るのかどうか見てほしい。」、などのご相談がございましたら、お電話もしくはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

» お電話でのお問い合わせ TEL 0537-29-6255 お問い合わせ時間 / 8:00 - 20:00 (相談無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
Copyright © 株式会社MGプラン All Rights Reserved.